しゃくちりそば (赤地利蕎麦) 

学名  Fagopyrum dibotrys (=F. cymosum)
日本名  シャクチリソバ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  シュッコンソバ(宿根蕎麦)、ヒマラヤソバ
漢名  金蕎麥(キンキョウバク,jinqiaomai)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liao)科
  漢語別名  天蕎麥(テンキョウバク,tianqiaomai)・野蕎麥・野南蕎、苦蕎頭、蕎麥三七、五毒草、五蕺、甜蕎、酸蕎麥、野三角麥、開金鎖
英名  Cymose knotweed
2006/04/16 薬用植物園 2006/05/06 同左
『中国雑草原色図鑑』18参照。
2006/10/28 同上

 ソバ属 Fagopyrum(蕎麥屬)については、ソバを見よ。
 漢名を(赤地利,セキチリ,chidili,しゃくちり)と云うものは、Persicaria chinensis var. thunbergianum(Polygonum chinensis var. thunbergianum)。イヌタデ属を見よ。
 ヒマラヤ・中国(陝西・河南・江蘇・浙江・江西・兩湖・兩廣・四川・雲南)に分布。
 日本には、昭和初期に薬用に導入、1960年代から野生化。
 中国では、根・根茎を天蕎麥根と呼び、薬用にする。『中草薬現代研究』Ⅱp.280

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index