せいほくかんぞう (西北甘草)

学名  Glycyrrhiza glabra
日本名  セイホクカンゾウ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  スペインカンゾウ、カンゾウ
漢名  光果甘草(コウカカンソウ,guangguogancao)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  歐甘草、洋甘草、西北甘草、生甘草
英名  Licorice, Liquorice
2008/05/24 東京薬科大学薬草園
 『中国本草図録』Ⅶ/3178・『中薬志Ⅰ』図89・『(修訂)中薬志Ⅰ』彩図16 参照。


 和名カンゾウ・漢名甘草は、広義にはカンゾウ属 Glycyrrhiza(甘草屬)の総称。
 狭義には、中国ではウラルカンゾウ G.uralensis を甘草と呼び、日本では 本種の変種 G. glabra var. glandulifera をカンゾウと呼ぶ。
 カンゾウ属 Glycyrrhiza(甘草屬)については、カンゾウ属を見よ。
 漢名・和名の西北とは、中国の西北地区(陝西・甘肅・靑海・寧夏・新疆)を指す。
 南ヨーロッパからアフガニスタン・中国(甘肅・靑海・新疆北部)に分布。
 中国では、根をウラルカンゾウと同様に薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.130-133、『(修訂)中薬志Ⅰ』pp.355-366。

 日本薬局方では、ウラルカンゾウ及び本種の根及び匍匐枝をカンゾウ(甘草)と呼ぶ。いずれも薬品原料は中国から輸入。 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index