さぼてん  

学名  Opuntia ficus-indica
日本名  サボテン
科名(日本名)  サボテン科
  日本語別名  シャボテン、サンボテ、サチラサッポウ、イロヘロ、ニョロリ
漢名  仙桃(セントウ,xiantao)
科名(漢名)  仙人掌(センニンショウ,xianrenzhang)科
  漢語別名  寶劔(ホウケン,baojian)
英名  Prickly pear, Indian fig
2005/07/11 三芳町竹間沢

 サボテン科 Cactaceae(仙人掌科)には、約105属1300-2000種がある。
   ヒモサボテン属 Aporocactus(鼠尾掌屬)
 メキシコ産
     A. conzatii(康氏鼠尾掌)
     キンヒモ
(金紐) A. flagelliformis(鼠尾掌)
     A. flagriformis(鞭形鼠尾掌)
     A. leptophis(細蛇鼠尾掌)
   Cereus(山影掌屬・天輪柱屬)
     C. dayamii(冲天柱)
     C. jamacaru(牙買加天輪柱)
     キメンカク
(鬼面角) C. peruvianus(秘魯天輪柱) ブラジル・ウルグアイ産
     C. variabilis(神代柱)
   Echinopsis(仙人球屬)
 園芸名ウニサボテン
     E. calochlora(金盛球)
     E. eyriesii(短毛球)
     E. multiplex(長盛球)
     E. oxygona(旺盛球)
     E. tubiflora(仙人球)
   Epiphyllum(曇花屬)
 熱帯アメリカ産
     ゲッカビジン E. oxypetalum(曇花)
     ヒメゲッカビジン E. pumilum
   Heliocereus(牡丹柱屬)
     H. schrankii(牡丹柱)
     H. speciosus(紅杯)
   Maihuenia
     M. patagonica 観賞用に栽培
     M. poeppigii
観賞用に栽培
   Mammillaria(銀毛球屬・乳突球屬)
 主にメキシコを中心に分布
     タカサゴ
(高砂) M bocasana
     ハクリュウマル
(白龍丸) M. compressa(白龍球) 幾つかの園芸品種がある。
     ツキカゲマル
(月影丸) M. zeilmanniana
   Nopalxochia(令箭荷花屬)
     N. ackermannii(令箭荷花)
     N. phyllanthoides(小朶令箭荷花)
   Notocactus(南國玉属) → Parodia の異名
   Nyctocereus(仙人杖屬)
     N. serpentinus(仙人杖)
 幾つかの栽培品種がある
   ウチワサボテン属 Opuntia(仙人掌屬)
   Parodia(錦繡玉屬)・Notocactus(南國玉属) 
     N. apricus(河内球)
     P. aureispina(錦繡玉)
     P. catamarucensis(羅繡玉)
     P. erythrantha(彩繡玉)
     キセッコウ
(黄雪晃) P. graessneri(黄雪光)
     セッコウ
(雪晃) P. haselbergii(雪光)
     P. maassii(魔神球)
     P. mammulosa
     N. ottonis(靑王球)
     ホウギョク
(宝玉) P. microsperma
     P. mutabilis(麗繡玉)
     N. pampeanus(獅子王球)
     P. sanguiniflora(緋繡玉)
     P. stuemeri(橙繡玉)
     シシオウマル(獅子王丸) N. submammulosus
     シャクヤクマル
(芍薬丸) N. unbelmannianus
   モクキリン属 Pereskia(葉仙人掌屬)
     モクキリン P. aculeata(葉仙人掌)
     P. grandifolia
   Phyllocactus
     クジャクサボテン P. sp.
   イースターカクタス属 Rhipsalidopsis(假曇花屬)
     ゲシクジャク
(ゲ氏孔雀) R. gaertneri
     R. rosea(假曇花)
   Schlunbergera(仙人指屬)
     S. bridgesti(仙人指)
     カニバサボテン S. resselliana
   シャコバサボテン属 Zygocactus(蟹爪蘭屬)
     シャコバサボテン Z. truncatus(Schlunbergera truncata;蟹爪・蟹爪蘭) 
 ウチワサボテン属 Opuntia(仙人掌屬)には、 狭義でも100種以上がある。
   O. basilaris(褐毛掌)
   O. dillenii(仙人掌)
 アメリカ原産、中国南方で栽培或は逸出して野生。『中国本草図録』Ⅰ/0220・『中国雑草原色図鑑』140・『週刊朝日百科 植物の世界』7-296
   サボテン O. ficus-indica(仙桃・寶劔)
   O. imbricata(鎖鏈掌)
   O. leucotricha(棉花掌)
   オオガタホウケン
(大型宝剣) O. maxima
   キンエボシ
(金烏帽子) O. microdasys
   O. monacantha(綠仙人掌・雲南仙人掌)
   O. paraguayensis
   ミカガミ
(御鏡) O. robusta
   ビロードウチワ O. tomentosa
メキシコ原産、コチニールカイガラムシの宿主
   タンシウチワ
(単刺団扇) O. vulgaris 
 サボテンは、ポルトガル語のシャボン sabaõ(石鹼) と「手」の合成語。むかし油汚れを取るのにこの植物の切口でこすったことから。
 「サボテン」の語は、のちにはサボテン科の植物の総称として用いられたが、本来はこの種を指した。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』16(1806)仙人掌草に、「サンボテイ サボテン サンボテ豫州 イロヘロ サチヲサッボウ トウナツ トウナス薩州 ニヨロリ豫州」と。但し、仙人掌草の正体は不明、サボテンは仙人掌である、と(牧野)
 漢名の仙桃は、実が食用になることから。英名 prickly pear「とげのある梨」も同様。
 属名は、古代ギリシアの都市名に由来。
 種小名は、英名 Indian fig
(インドのイチジク)のラテン語化。
 サボテン科の植物は 新大陸原産。これをヨーロッパに伝えたのはコロンブス。
 日本には、江戸時代初期にオランダ人により長崎にもたらされた。最初に入ったのがウチワサボテンの仲間 Opuntia ficus-indica であり、これをサボテンと呼んだ。
 果実を食用にし、地中海地方では果樹として栽培。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index