ろーまかみつれ (ローマかみつれ) 

学名  Anthemis nobilis (=Chamaemelum nobile)
日本名  ローマカミツレ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  ローマンカモミール
漢名  黄金菊(コウコンキク,huangjinju)
科名(漢名)  菊科
  漢語別名  
英名  Sweet camomile, Roman camomile
2009/04/09 神代植物公園
2007/05/03 薬用植物園 2007/05/26 同左
2007/06/07 同上
2006/06/22 薬用植物園

 カミツレモドキ属 Anthemis(春黄菊屬)には、次のようなものがある。
   キゾメカミツレ (アレチカミツレ) A. arvensis ヨーロッパ原産。
   A. carpatica(墊状春黄菊)
   カミツレモドキ A. cotula
ヨーロッパ・西アジアに分布。日本には江戸時代に渡来。
   A. marschalliana(高加索春黄菊)
   A. montana(白花春黄菊)
   ローマカミツレ A. nobilis(Chamaemelum nobile;黄金菊;E.Roman camomile)
   コウヤカミツレ (アンセミス) A. tinctoria(春黄菊・西洋菊;E.Golden camomile)

 なお、ローマカミツレ属 Chamaemelum を独立させることがある
(カミツレモドキには 芳香が無い)
 英語に言うカモミール camomile はこれだが、日本では 一般にシカギク属のカミツレをカモミールと呼ぶ。
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 和名については、カミツレを見よ。
 ヨーロッパ原産。全草に芳香があり、古くから薬用に栽培。
 イギリスではカミツレの代りに用いられた。
 日本には、1818年幕府がオランダより請来、第二次世界大戦後各地に帰化。
 ヨーロッパでは、古くから健胃剤・強壮剤・ヒステリーの薬などとして有名。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index