かみつれ  

学名  Matricaria chamomilla (=M. recutita;M. currantiana;M. defexa; Chamomilla recutita)
日本名  カミツレ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  カモミール、カミルレ、カミレ、ドイツカミルレ
漢名  母菊(ボキク,muju)
科名(漢名)  菊科
  漢語別名  春黄菊(シュンコウキク,chunhuangju)
英名  Sweet false camomile, German camomile, Wild camomile
2008/02/07 薬用植物園
2007/05/03 薬用植物園
2006/06/22 薬用植物園

 日本では一般にカモミールと呼ばれる。ただし、英語に言うカモミール camomile は ローマカミツレ
 シカギク属 Matricaria(母菊屬)には、次のようなものがある。
   カミツレ M. chamomilla(M. recutita; 母菊)
   M. limosa(Tripleurospermum limosum; 三肋果・三肋菊)
   コシカギク
(オロシャギク) M. matricarioides アジア東北部原産と推定され、
        
広く北半球の寒地に分布。日本では、北海道に見られ 本州にも帰化。
   イヌカミツレ M.perforata(M.inodora)
ヨーロッパ原産。日本には明治中期に入り、一部帰化。
   シカギク
(ギンコウライ) M. tetragonosperma(Tripleurospermun tetragonospermum)
        日本(北海道)・中国(東北)・千島・樺太・シベリアに分布。 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 和名カミツレは、オランダ語 kamille を、江戸時代に加密列・加密爾列などと表記したものの、更なる転訛。カモミールはフランス語から。
 英名の camomile は、chamomile とも綴る
(主として米国)
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』22(1806)茼蒿の条に、「一種細葉ニシテ茵陳蒿ノ梢葉ノ如ク白花ヲ開ク者アリ ギンカウライト云、一名シカギク チヤウセンギク カホヨギク 松前ギク」と。
 属名 Matricariaは「母・子宮」の意、婦人病の薬として用いたことから。漢名には母菊屬と訳す。
 南ヨーロッパ・西アジア原産。
 日本・中国でも広く栽培し、一部で野生化。
 芳香があり、ヨーロッパでは古くから民間薬やハーブとして用いる。ドイツでは医療品として扱い、日本における生薬名はカミツレ。
 欧米では、葉を熱湯に浮かべて飲み物とし、乾燥した花をハーブティー・入浴剤などにし、またこれを煎じて発汗解熱剤・消炎鎮痛剤・鎮静剤・点眼薬などにする。
 また、花から精油を採り、リキュールなどの香付けなどに用いる。
 日本には江戸時代末に渡来。大阪府茨木市総持寺附近などで栽培。今ではほとんど栽培しないが、ときに帰化している。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index