らふま (羅布麻) 

学名  Apocynum venetum
日本名  ラフマ
科名(日本名)  キョウチクトウ科
  日本語別名  
漢名  羅布麻(ラフマ,luobuma)
科名(漢名)  夾竹桃(キョウチクトウ,jiazhutao)科
  漢語別名  茶葉花(チャヨウカ,chayehua)、野麻(ヤマ,yema)、紅麻(コウマ,hongma)
英名 (English Name)  Dogbane
2008/04/17 薬用植物園
2006/06/22 薬用植物園

 バシクルモン属 Apocynum(羅布麻屬・羅芙木屬)には、次のようなものがある。
   アメリカハエトリソウ A. androsaemifolium
北アメリカ原産
   A. venetum(羅布麻)
『中国雑草原色図鑑』162
     バシクルモン(オショロソウ) var. basikurumon
   A. verticillata(羅芙木)
     var. officinalis(藥用羅芙木)
     var. hainanensis(海南羅芙木) 
 キョウチクトウ科 APOCYNACEAE(夾竹桃科)については、キョウチクトウ科を見よ。
 バシクルモンは、アイヌ語 paskur-mun「烏の草」に由来するか、という。
 広くユーラシアの温帯(中国では黄河以北・河南)に分布する。根は有毒。
 茎から繊維を採り、葉・根は薬用にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index