ぱらみつ (波羅蜜)

学名  Artocarpus heterophylla
日本名  パラミツ
科名(日本名)  クワ科
  日本語別名  ナガミパンノキ、ナンカ
漢名  木菠蘿(ボクハラ,muboluo)
科名(漢名)  桑(ソウ,sang)科
  漢語別名  波羅蜜(ハラミツ,boluomi)・婆羅蜜(バラミツ,poluomi)・木波羅・樹波羅、天羅、優珠曇、牛肚子果、將軍木、蜜冬瓜
英名  Jack fruit, Jack tree

2018/03/15 神代植物公園

2009/07/11 京都府立植物園

 パンノキ属 Artocarpus(木波羅屬)については、パンノキ属を見よ。
 漢名は、サンスクリット語 paramita(最高・究極の状態)の音写波羅蜜多(ハラミツタ,boluomiduo)の省略形。
 和名は、漢名の音。
 英名は、インドにおける現地名。
 インド・マレー原産。
 果樹として、広くアジアの熱帯、アラビア半島・東アフリカで栽培。中国では、兩廣・雲南で栽培。
 18世紀には西インド諸島・南アメリカに入る。
 心材に黄色色素モリンを含む。
 果実をパンノキと同様に食用にし、材を僧衣の染色に用いる。
 中国では、樹液・果仁を薬用にする。『雲南の植物V』158・『中国本草図録』U/0524 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index