おおはんごんそう (大反魂草) 

学名  Rudbeckia laciniata
日本名  オオハンゴンソウ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  キヌガサギク(衣笠菊)
漢名  金光菊(キンコウキク,jinguangju)
科名(漢名)  菊科
  漢語別名  
英名  Cutleaf coneflower
2009/08/23 岐阜県大野郡白川村


2005/08/09 向島百花園

 オオハンゴンソウ属 Rudbeckia (金光菊屬)は北アメリカに約30種があり、東アジアには次のものが導入され、一部帰化している。
   R. amplexicaulis(抱莖金光菊)
   テンニンギクモドキ R. bicolor(R.hirta var. bicolor;二色金光菊)
   R. fulgida(全緣金光菊)
     var. sullivantii
   R. hirta(黑心菊)
     アラゲハンゴンソウ var. pulcherrima
     var. hybrida
   オオハンゴンソウ
(キヌガサギク) R. laciniata(金光菊)
     ハナガサギク
(ヤエザキハンゴンソウ) var. hortensis(重瓣金光菊)
   R. nitida
   R. serotina
   R. speciosa(美麗金光菊)
   ミツバオオハンゴンソウ R. triloba 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 和名は、ハンゴンソウに似て頭花が大きいことから。
 属名は、スウェーデンのウプサラ大学教授ルドベック父子を記念して。命名者は、後任のリンネ。
 北アメリカ原産。
 日本には、明治中期に園芸植物として渡来。逸出したものが1955年に確認され、今は全国に帰化、北海道・福島県・長野県・岐阜県で大群落がみられる、という。
 日光国立公園の戦場ヶ原・十和田八幡平国立公園就中奥入瀬渓流など、各地で在来の生態系に関わる被害が指摘されている。そのため外来生物法
(2005)により「特定外来生物」に指定され、一般の栽培は禁止、必要な場合は防除、とされている。
 また、すべてのオオハンゴンソウ属の植物は、同法により、外国から輸入する場合「種類名証明書の添付が必要な生物」とされている。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index