においいりす (匂イリス)

学名  Iris florentina (=I.germanica var.florentina)
日本名  ニオイイリス
科名(日本名)  アヤメ科
  日本語別名  ニオイアヤメ、シロバナイリス
漢名  香根鳶尾(コウコンエンビ,xianggenyuanwei)
科名(漢名)  鳶尾科
  漢語別名  
英名  Orris, Florentine iris
2009/04/30 薬用植物園

 俗に、「いちはつ」と呼ぶことがあるが、イチハツとは異なる。
 Iris germanica は、ドイツアヤメ
 アヤメ属 Iris(鳶尾屬)の植物については、アヤメ属を見よ。
 種小名は、イタリアのトスカナ地方で栽培することから。
 英名 orris は、iris の転訛かという。
 地中海地方原産。
 古代エジプトにはトゥモスV(1505B.C.-1447B.C.)がシリアから移入したといい、カルナック神殿「植物の間」に浮彫されているという。
 ヨーロッパでは、根茎 orrisroot を香料・薬用にする。
 根茎を乾燥・粉末化し、これを蒸留してオリス・コンクリート orris concrete を作り、高級なフランス香水などに用いる。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index