ひまらやのあおいけし 1 (ヒマラヤの青いケシ)

学名  Meconopsis betonicifolia
日本名  ヒマラヤノアオイケシ
科名(日本名)  ケシ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名 (English Name)  
2007/05/10 薬用植物園
2007/05/26 同上

 メコノプシス属 Meconopsis(綠絨蒿,リョクジュウコウ,lüronghao 屬)は、英名は Chinese poppy、ヒマラヤ・チベット・中国西南・西北の高地に約40種があり、ほかには西ヨーロッパに M.cambrica(E.Welsh poppy,花は黄色)1種・カリフォルニアに1種が自生する。
 ヒマラヤ乃至中国西南部には、次のようなものがある。
   M. baileyi
今は、M. betonicifolia の変種として扱う
   M. bella
花は淡靑色。ヒマラヤに分布
   M. betonicifolia
靑花。チベット東部・雲南・ビルマ上部に分布 
   M. chelidonifolia (黃花綠絨蒿・蒿枝七・銀烏, E.Chinese poppy) 
四川西部に分布。 『中国本草図録』Ⅶ/3132
   M. delavayi
『雲南の植物』110
   M. grandis 
靑花、紫・白の変種がある。ヒマラヤに分布、『週刊朝日百科 植物の世界』8-216
   M. henrichi (藍花綠絨蒿) 
四川に分布、『週刊朝日百科 植物の世界』8-212
   M. horridula (多刺綠絨蒿・総状綠絨蒿, 藏名烏巴拉色爾布, E.Blue chinese poppy)
  花は紫藍色。甘肅・靑海・四川・雲南・西藏に分布。全草を薬用。『雲南の植物』111・『中国本草図録』Ⅴ/2116・Ⅸ/4139・『週刊朝日百科 植物の世界』8-214
     var. racemosa (総序綠絨蒿) 
靑海に分布。 『雲南の植物Ⅰ』81
   M. integrifolia (綠絨蒿・
全縁綠絨蒿・毛瓣綠絨蒿, 藏名阿拍色魯(アポスロ),E.Yellow chinese poppy) 黃花。雲南西北部・四川西部・靑海南部・甘肅南部西藏に分布。全草を薬用。『雲南の植物Ⅰ』82『中国本草図録』Ⅵ/2621・『週刊朝日百科 植物の世界』8-214
     ssp. lijiangensis
『雲南の植物』113
   M. lancifolia(長葉綠絨蒿) 『中国本草図録』Ⅸ/4140
   M. napaulensis 
花は赤・紫・青など、ヒマラヤ産。『週刊朝日百科 植物の世界』8-214
   M. paniculata 
黃花。ヒマラヤに分布、『週刊朝日百科 植物の世界』8-214
   M. prattii
『雲南の植物』112
   M. pseudointegrifolia ssp. pseudointegrifolia
『雲南の植物』113
   M. punicea (紅花綠絨蒿, 藏名阿柏几麻魯) 
赤花。四川・靑海・西藏に分布。花茎・果実を薬用。 『中国本草図録』Ⅸ/4141・『週刊朝日百科 植物の世界』8-214
   M. quintuplinervia (五脈綠絨蒿・毛葉兔耳風)
 花は浅藍色乃至紫色。陝西・甘肅・靑海・四川・西藏に分布。全草を薬用。『中国本草図録』Ⅵ/2622
   M. simplicifolia
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』8-214
   M. wallichii var. fuscopurpurea 
ヒマラヤに分布 
 
 「青いケシ類は、日本で栽培すると、種子をまいた年には開花しないので、そのまま夏を越させる必要があるが、高温のため枯死することが多く、栽培は困難である。しかし、イギリスやアメリカ、カナダなどの冷涼な地方では栽培が容易で、庭園植物となり、かなりな数の園芸品種もできている。」(中尾佐助『著作集』Ⅳ)
 日本では、 M. betonicifolia、M.×scheldonii の種子が販売されている。
 中国では、
  黄花綠絨蒿 M. chelidonifolia (花は黄色)
  多刺綠絨蒿 M. horridula (花は紫藍色) 
  全縁綠絨蒿(綠絨蒿・毛瓣綠絨蒿) M. integrifolia (花は黄色) 
  紅花綠絨蒿 M. punicea (花は深紅色) 
などを観賞用に栽培する。
 「一九一三年、イギリスのベイリー大尉 F.M.Bailey は、アッサムからパスポートもなしにチベットに潜入した。そして、ツアンポ川が南下してブラマプトラ川となる屈曲点を探検し、新しい七〇〇〇メートル級の二峰、ナムチヤ・パルワとギャラベリを発見したが、その紀行文に青いケシを見たことを一行書いておいた。その後、有名な植物探検家キングドン・ウォード K.Ward は、この記事をたよりにその地に赴いたが、そこで採集したのがこのバイレイイ〔メコノプシス・バイレイイ M.Baileyi〕だったのである。」(中尾佐助『著作集』Ⅳ)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index