くそにんじん (糞人参)

学名  Artemisia annua
日本名  クソニンジン
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  ホソバニンジン、バカニンジン、ヤマニンジン、カワラヨモギ、カラヨモギ、ゴギョウ、ゴムケ
漢名  黄花蒿(コウカコウ,huanghuahao)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  蒿(セイコウ,qinghao)、臭蒿、香蒿、苦蒿、香絲草
英名  
2008/07/21薬用植物園

2008/08/19 薬用植物園

2007/10/08 同上

 ヨモギ属 Artemisia(蒿屬)については、ヨモギ属を見よ。
 和名は、根葉がニンジンに似て、悪臭を放つことから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)に、「黄花蒿 クソニンジン カハラヨモギ バカニンジン津軽 ゴギヤウ常州 カラヨモギ同上 ヤマニンジン仙台 ゴムケ摂州」と。
 東ヨーロッパ・アジア原産、広く北半球の温帯から熱帯に野生。
 日本には薬用植物として導入したものが、全国に帰化。
 中国では、全草を青蒿と呼び、薬用にする。『中薬志V』pp.134-140 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index