きんれんか (金蓮花)

学名  Tropaeolum majus
日本名  キンレンカ
科名(日本名)  ノウゼンハレン科
  日本語別名  ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)
漢名  旱金蓮(カンキンレン,hanjinlian)
科名(漢名)  旱金蓮科
  漢語別名  旱蓮花(カンレンカ,hanlianhua)、金蓮花(キンレンカ,jinlianhua)
英名  Garden nasturtium
薬用植物園 撮影日時失記

 ノウゼンハレン科 Tropaeolaceae(旱金蓮科)には、3属約90種がある。
   Magallana
パタゴニアに1種
   Tropaeastrum パタゴニアに1種
   ノウゼンハレン属 Tropaeolum(旱金蓮屬)
約90種
     ノウゼンハレン T. majus(旱金蓮)
     T. peltophorum
     カナリアヅル T. peregrinum
     T. polyphyllum
     T. speciosum
     T. tricolor
     T. tuberosum(E.Anu)
アンデス高地産、イモを食用 
 和名ノウゼンハレンは、花がノウゼンカズラに似て、葉がハスに似ることから。
 南アメリカ(ボリビア乃至コロンビア)原産。1684年ヨーロッパに入る。
 日本には 1845ころ渡来。観賞用に栽培、園芸品としてはナスタチウム nastatium と呼ぶことがある。
 花に甘味があり、食用にする。
 中国では、全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index