きんこうぼく (金厚朴)

学名  Michelia champaca
日本名  キンコウボク
科名(日本名)  モクレン科
  日本語別名  
漢名  黄蘭(コウラン,huanglan)
科名(漢名)  木蘭(ボクラン,mulan)科
  漢語別名  ・蔔・瞻蔔(センブク,zhanbo)・栴簸迦、白蘭花、金厚朴、黄緬桂
英名  Champak
2007/05/22 小石川植物園 (温室)
『雲南の植物V』39・『中国本草図録』U0570参照。

 オガタマノキ属 Michelia(含笑属)の植物については、オガタマノキ属を見よ。
 サンスクリット名をチャンパカ campaka という。
 これを仏典に・蔔・瞻蔔・瞻博・瞻婆・瞻波(以上、センブク・センバク・センバ,いずれもzhanbo)・瞻博迦(センバクカ,zhanbojia)などと音写し、黄色花・金色花と意訳する。
 種小名はサンスクリット名に基づく。
 東南アジア原産、中国南部・臺灣からスリランカ・インドにかけて栽培する。
 夏に開く黄色の花に、バニラに似た強い芳香がある。
 頭に挿頭し、祭祀に用い、また香油・香水に用いる。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index