けいがい (荊芥)

学名  Schizonepeta tenuifolia(Nepeta japonica)
日本名  アリタソウ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  
漢名  裂葉荊芥(レツヨウケイカイ,lieyejingjie)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  荊芥・香荊芥、綫芥、小茴香(ショウカイコウ,xiaohuixiang)、假蘇(カソ,jiasu)、薑芥(キョウカイ,jiangjie)、四稜杆蒿
英名  
2008/06/19 薬用植物園 2007/07/21 薬用植物園
2007/08/13 同上

 Schizonepeta(裂葉荊芥屬)には、中国に次のようなものがある。
   S. multifida (多裂葉荊芥・裂葉荊芥)
 『中国本草図録』Ⅴ/2296・『中国雑草原色図鑑』191
   S. tenuifolia (裂葉荊芥・荊芥・小茴香・假蘇) 
 これとは別に、中国ではイヌハッカ属 Nepeta を荊芥屬と呼ぶ。
 和名アリタソウは、むしろアカザ科のアリタソウ Chenpopdium ambrosioides(土荊芥)に対して用いることが多い。
 シソ科 LABIATAE(LAMIACEAE;唇形科)については、シソ科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』10(1806)に、「假蘇 ノゝヱ古名 ネヅミグサ南部方言、鼠ノ穴ニ此草ヲ挿メハ出ズ、故ニ名ヅク ネヅクサ同上 通名荊芥」と。
 朝鮮・中国(ほぼ全国)・臺灣に分布、浙江・雲南などで栽培。
 中国では、全草を荊芥、花果穂を荊芥穗と呼び、薬用にする。S. multifida も、同様に用いる。『中薬志Ⅲ』pp.170-174
 なお、中国ではイヌハッカ Nepeta cataria
(草の名は荊芥)の全草も薬用にする。ただし、漢方薬としての真正な荊芥は Schizonepeta tenuifolia のもの。Nepete cataria は、薬品としては假荊芥と呼ぶ。
 日本では、その花穂をケイガイと呼ぶ(日本薬局方)。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index