かきねがらし (垣根辛子) 

学名  Sisymbrium officinale
日本名  カキネガラシ
科名(日本名)  アブラナ科
  日本語別名  
漢名  鑽果蒜芥(サンカサンカイ,zuanguosuanjie)
科名(漢名)  十字花(ジュウジカ,shizihua)科
  漢語別名  
英名  Hedge mustard
2006/05/22 新座市中野

 キバナハタザオ属 Sisymbrium(大蒜芥屬)には、世界に約90種がある。
   ハタザオガラシ S. altissimum
 ヨーロッパ原産
   S. heteromallum(垂果蒜芥)
 中国(東北・内蒙古・河北・山西・陝西・四川)・モンゴル・シベリアに分布。
   ホソエガラシ S. irio
 ヨーロッパ南部原産。
   キバナハタザオ S. luteum(黄花蒜芥)
 日本(本州・九州)・朝鮮・中国・ウスリーに分布。
   カキネガラシ S. officinale(Erysimum officinale;鑽果蒜芥)
『中国雑草原色図鑑』85
   イヌカキネガラシ S. orientale
 地中海地方原産 
 アブラナ科 Brassicaceae(Cruciferae;十字花科)については、アブラナ科を見よ。
 
 ヨーロッパ・西アジア原産。日本には明治末に渡来、北海道・本州・九州に帰化。
 植物体にカラシ油の配糖体を含む。ただし種子は有毒。
 古代ローマから、喉によいハーブとして著名。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index