じおう (地黄) 

学名  Rehmannia glutinosa (R. glutinosa var.purpurea)
日本名  ジオウ 
科名(日本名)  ゴマノハグサ科 
  日本語別名  アカヤジオウ(赤矢地黄)、サオヒメ
漢名  地黄(チコウ,dihuang)
科名(漢名)  玄參(ゲンシン,xuanshen)科
  漢語別名  (コ,hu4)、地髓(チズイ,di4sui3)、野地黄、酒壺花、山菸根、婆婆丁、米罐棵、蜜糖管
英名  Sticky rehmannia
2008/05/04 薬用植物園

 基本種は、株の高10-30cm、花の色が紅紫色の、ジオウ(アカヤジオウ)
 株の高15-18cm、花の色が黄白色のものをシロヤジオウ var. lutea といい、日本でまれに栽培する。中国では、そのうち花の色が淡紫色のものを、浙江省杭州筧橋(ケンキョウ,jianqiao)などの地で栽培しており、var. lutea f. purpurea(筧橋地黄)とする。
 株の高25-40cm、花の色は紅紫色、根茎が大きく 肉質の厚いものを、カイケイジオウ f. hueichingensis(懷慶地黄)とする。
 ジオウ属 Rehmannia(地黄屬)は、中国(中部・北部)・朝鮮に分布し、7種がある。
   R. elata (高地黄)
   R. chingii (天目地黄) 『中国本草図録』Ⅶ/3331
   R. elata
   ジオウ R. glutinosa (R. chinensis; 地黄)
      『中国雑草原色図鑑』208・『週刊朝日百科 植物の世界』2-85
   R. henryi (湖北地黄)
   センリゴマ
(ハナジオウ) R. japonica
       
日本(中部地方の山奥)でわずかに観賞用に栽培。中国原産か。
   R. piasezkii (裂葉地黄)
   R. solanifolia (茄葉地黄) 
 ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE(玄參科)については、ゴマノハグサを見よ。
 『爾雅』『説文解字』に、は地黄なり、と。『爾雅』郭璞註に、地髓なり、江東はと呼ぶ、と。
 李時珍『本草綱目』に、は下に沈むものを以て貴しと為す、故に字は下に従う、と。 
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)に、「地黄 サヲヒメ延喜式 今ハ通名」と。
 朝鮮・中国(遼寧・華北・陝西・甘肅・山東・河南・江蘇・安徽・浙江・兩湖)・モンゴルに分布。
 華北では「道端や、崩れかかった城壁に群って咲く光景は春の点景である」
(中尾佐助「大陸の花の思い出」)
 中国各地・日本などで 薬用に栽培する。
 日本には江戸時代に入り、今日も奈良県などで栽培する。
 根を薬用にし、また黄色を染める。『中薬志Ⅰ』pp.197-200。日本薬局方。
 中国では、薬用にはカイケイジオウを多く用いる。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種地黄法」が載る。
 ○ 遼・作者不詳「竹雀双兎図」軸 (遼寧省葉茂台第7号遼墓(959-986)出土、瀋陽/遼寧省博物館蔵) 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index