ひもげいとう (紐鶏頭) 

学名  Amaranthus caudatus
日本名  ヒモゲイトウ
科名(日本名)  ヒユ科
  日本語別名  センニンコク(仙人穀)
漢名  尾穗莧(ビスイカン,weisuixian)
科名(漢名)  莧(カン,xian)科
  漢語別名  老槍穀(ロウソウコクlaoqianggu)、千穗穀(センスイコク,qiansuigu)
英名  Love-lies-bleeding, Tasselflower thrumwort, Inka wheat, Garden amaranth
2006/06/22薬用植物園
2007/06/20 薬用植物園
2007/07/21 同上
2005/08/19 同上 2005/09/18 同上

 ヒユ属 Amaranthus(莧屬)については、ヒユを見よ。
 
 南アメリカ原産。世界の各地で観賞用に栽培され、一部では種子を食用にするために栽培している。
 19世紀にネパール・インドに入り、主食用の作物。中国でも、種子を食用・飼料用とするために栽培されている。エチオピアでは、主要な作物。
 日本では、観賞用の栽培品だが、しばしば逸出している。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index