ひめういきょう (姫茴香) 

学名  Carum carvi
日本名  ヒメウイキョウ
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  キャラウェイ
漢名  ●{艸冠に貢}蒿(コウコウ,gong4hao1)
科名(漢名)  傘形(サンケイ,sanxing)科
  漢語別名  藏茴香、馬縷子、小防風、靑海防風、卡拉韋(カライ,kalawei)
英名  Caraway
2007/04/19 薬用植物園
2007/07/21 同上

  Carum({艸冠に貢}蒿屬)には、次のようなものがある。
   C. buriaticum(田{艸冠に貢}蒿・馬英子)
『中薬志Ⅰ』p.192
   ヒメウイキョウ C. carvi({艸冠に貢}蒿・藏茴香;E.Caraway)
 『中国本草図録』Ⅱ/0743
     f. gracile(細葛縷子)
 『中国本草図録』Ⅷ/3707 
  セリ科 Umbelliferae(Apiaceae;繖形科・傘形科)については、セリ科を見よ。
 同じセリ科のイノンド Anethum graveolens も、ヒメウイキョウの名で呼ぶ。
 漢名の{艸冠に貢}蒿について。●の字体は、『中薬志Ⅰ』p.192・『中国本草図録』Ⅱ/743従う。
 『中国高等植物図鑑』『全国中草薬匯編 上』『中薬大辞典』は、この字を◆
{艸冠に }と記す。页 は頁の簡体字であるから、正しくは■{艸冠に頁}という字のつもりか。ただし手元の字典類に■{艸冠に頁}の字を検し得ない。或は◆は●の簡体字であろうか。
 なお、『全国中草薬匯編 下』
p.796に黄に作るのは、誤植であろう。
 英名 caraway は、アラビア語から。
 東ヨーロッパ・西アジア原産。
 『中国高等植物図鑑』によれば、中国
(東北・華北・西北・四川)・チベット・モンゴル・西シベリア・インド・ヨーロッパに分布し、路傍・草原・林下に生ずる、という。
 根は蔬菜として食用にし、葉はハーブとし、乾燥した果実はキャラウェイシーズ caraway seed と呼んで、香辛料・薬用にする。
 キャラウェイは、菓子・ピクルス(特にザワークラウト)・チーズなどの香味料として、リキュール・キュンメル酒の香料として、用いる。
 紀元前から香辛料・薬品として用いられていた。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index