いのんど 

学名  Anethum graveolens
日本名  イノンド
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  ヒメウイキョウ
漢名  蒔蘿(ジラ,shiluo)
科名(漢名)  繖形(傘形,サンケイ,sanxing)科
  漢語別名  土茴香(ドカイコウ,tuhuixiang)
英名  Dill
2007/05/03 薬用植物園

2007/05/26 同上

 Anethum には、次のようなものがある。
   イノンド
(ヒメウイキョウ) A. graveolens(蒔蘿・土茴香) 
 セリ科 Umbelliferae(Apiaceae;繖形科・傘形科)については、セリ科を見よ。
 和名は、スペイン名 eneldo の転訛。
 同じセリ科のキャラウェイ Carum carvi も、ヒメウイキョウと呼ぶ。
 インドからイラン、地中海沿岸から南ロシアの原産。
 日本には、江戸時代中期にヨーロッパから渡来、また別に中国から漢方薬として渡来。
 果実を蒔蘿子(E.dill seed)と呼んで香辛料・薬用にし、芳香油を採る。
 嫩葉はハーブとして食う。
 古代エジプト時代から、栽培利用してきた。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index