ひまらやすぎ (ヒマラヤ杉) 

学名  Cedrus deodara
日本名  ヒマラヤスギ
科名(日本名)  マツ科
  日本語別名  ヒヤラヤシーダー
漢名  雪松(セツショウ,xuesong)
科名(漢名)  松科
  漢語別名  香柏(コウハク.xiangbai)、喜馬拉雅杉(キバロウガサン,ximalayashan)
英名  Deodar cedar, Himalayan cedar, Indian cedar
2006/09/23 野川公園自然観察園
2005/09/23 昭和公園
2007/02/08 野川公園

 ヒマラヤスギ属 Cedrus(雪松屬)には、ヒマラヤ・西アジア・アフリカに4種がある。
   アトラスシーダー C. atlantica(C.africana;E.Atlas ceder)
       
北アフリカ(アトラス山脈)原産
   キプロスシーダー C. brevifolia(C.libanmi var.brevifolia)
 キプロス島産
   ヒマラヤスギ C. deodara(雪松・香柏・喜馬拉雅杉)
       
ヒマラヤ・カラコルム・ヒンドゥークシュ原産
   レバノンシーダー C. libani(C.libanotica;E.Ceder of Lebanon)
      
 レバノン・シリア・トルコ南部産 
 マツ科 PINACEAE(松科)については、マツを見よ。
 
 原産地はヒマラヤ北西部・アフガニスタン、標高1000-4000m地帯に分布。日本には明治21年頃に導入、以後各地に植栽されている。
 同属のレバノンスギは、古代イスラエルの王ソロモン(?-ca.928B.C.)が、それでエルサレム神殿を作ったという。
 中国では、葉を薬用にする(『中国本草図録』Ⅱ/0507)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index