ひえんそう (飛燕草) 

学名  Consolida ajacis (C.ambigua, Delphinium ajacis)
日本名  ヒエンソウ 
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  チドリソウ
漢名  飛燕草(ヒエンソウ,feiyancao)
科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
  漢語別名  翠雀(スイジャク,cuique)、千鳥草(センチョウソウ,qianniaocao)
英名  Rocket larkspur
これは別種か
   2005/06/08  所沢市坂之下


 ヒエンソウ属 Consolida(飛燕草屬)には、中国西部・中央アジア・ヨーロッパ南部に約40種がある。
   ヒエンソウ
(チドリソウ) C. ambigua(C.ajacis, Delphinium ajacis;飛燕草;
      E.Larkspur)
   ルリヒエンソウ C. regalis(Delphinium consolida;瑠璃飛燕草) 
ヨーロッパ原産

 ヒエンソウ属 Consolida の植物は、古くはオオヒエンソウ属 Delphinium(翠雀花屬)に含まれていた。
 キンポウゲ科 RANUNCULACEAE の植物については、キンポウゲ科を見よ。
 中国では、オオヒエンソウも翠雀と呼ぶ。また、漢名を燕子花(エンシカ,yanzihua)というのはオオヒエンソウであり、日本で燕子花をカキツバタに当てるのは誤り。
 南ヨーロッパ原産。
 ギリシア神話に出てくるスパルタの美少年ヒュアキントス Hyacinthus は、アポロンに愛せられたが、アポロンが投げた円盤にあたって死んだ。そのときに流れた血から赤い花が生え、それをヒュアキントスと呼んだという。その花は、ヒエンソウ・グラジオラスアイリスなどと想像されている。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index