かかお (カカオ・加加阿) 

学名  Theobroma cacao
日本名  カカオ
科名(日本名)  アオギリ科
  日本語別名  カカオノキ
漢名  可可樹(カカジュ,kekeshu)
科名(漢名)  梧桐(ゴトウ,wutong)科
  漢語別名  蔲蔲(コウコウ,koukou)
英名  Cacao, Chocolate tree
2007/05/26 薬用植物園 (温室)
2007/06/07 同上
2005/08/19  同上 2005/10/23 同左
2009/04/30 薬用植物園 (温室)
2007/02/08 神代植物公園 (温室)

 カカオノキ属 Theobroma には、熱帯アメリカに約20種がある。
   T. bicolor
   カカオノキ T. cacao(可可樹)
   T. microcarpa
   T. pentagona 
 アオギリ科 Sterculiaceae(梧桐科)については、アオギリ科を見よ。
 英名の cacao, chocolate は、原産地のマヤ・アステカ語に基づく。
 熱帯アメリカ原産。
 ヨーロッパでは、コロンブスの1503年の記録に初見。1695年 Homberg がカカオバター Cacao butter を取り出し、1715年以降、これを薬用に用いてきた。
 日本には、チョコレートは江戸時代中期にオランダ人により長崎にもたらされていた。カカオノキの渡来は、大正時代。
 果実からカカオ豆(種皮を取り除いた種子。漢名は可可豆 kekedou)を採り、加工してカカオペーストとする。カカオペーストに甘み・香料などを加えて固め、チョコレート(漢名は巧克力 qiaokeli)を作る。またカカオペーストからカカオバターを採った残りが、ココア(漢名は可可粉 kekefen)
 カカオバター(漢名は可可脂 kekezhi)は、カカオ脂の名で日本薬局方に載る。融点33.4℃-34.4℃なので(つまり人の体温で融けるので)、坐薬・化粧料などの基材とする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index