とり (杜梨) 

学名  Pyrus betulaefolia
日本名  ホクシマメナシ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  
漢名  杜梨(トリ,duli)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  棠梨(トウリ,tangli)、杜、常棣(ジョウテイ,changdi)、甘棠(カントウ,gantang)、杜棠、野梨・土梨
英名  
『中国本草図録』Ⅶ/3156

 東アジアに産するナシについては、ナシ属を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』26(1806)棠梨に、「コリンゴ ヤマナシ ヤブリンゴ カラツボウ豫州」と。
 中国の、遼寧・陝西・甘肅・河北・山西・山東・江蘇・浙江・江西・湖北に野生する。
 日本には無い。
 中国では、古来寺廟・墓苑・庭園などに植えてきた。実は小さく、菓子を作ったり酒を醸したりするのに用いるほか、果実・枝葉を薬用にする。
 『詩経』国風・召南・甘棠に、「蔽芾(へいひ)たる甘棠、翦(き)る勿(なか)れ伐(き)る勿れ、召伯の茇(やど)りし所」と。
 『爾雅』釈木に、「杜、甘棠。〔今の杜棠なり。〕〈疏。杜、甘棠。○釈いて杜は一名甘棠なるを曰う。郭云う、今の杜棠なりと。下に云う、杜は赤棠、白き者は棠と。舎人曰く、杜は赤色、名は赤棠、白き者は亦名は棠。然らば則ち其の白き者は名は棠、赤き者は名は杜。甘棠たり、赤棠たりと。詩・召南に云う、蔽芾たる甘棠と。小雅に云う、有杕の杜と。伝に、杜は赤棠なりと云うは、是なり。〉」と、また「杜、赤棠。白き者は棠。〔棠、色異なれば、其の名異なり。〕〈疏。杜、赤棠。白き者は棠。○釈いて曰く(缺文か)。郭云う、棠、色異なれば其の名異なりと。樊光云う、赤き者は杜と為す。白き者は棠と為すと。陸機疏に云う、赤棠と白棠と同じきのみ。但し子(み)、赤白美悪有り。子 白色なるは白棠、甘棠なり。酢きこと少なく滑美なり。赤棠の子、渋くして酢く、味無し。俗語に云う 渋きこと杜の如しとは是なり、と。赤棠、木理靭かにして、又以て弓幹を作るべし。〉」と。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種棠」が載る。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index