べにばなぼろぎく (紅花襤褸菊) 

学名  Crassocephalum crepidioedes (=Gynura crepidioides)
日本名  ベニバナボロギク
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  野茼蒿(ヤトウコウ,yetonghao)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  革命菜(カクメイサイ,gemingcai)、飛機菜、滿天飛、假茼蒿
英名  Hawksbeard velvetplant
2006/09/23 野川公園自然観察園

2008/09/11 入間市宮寺

2008/10/09 入間市宮寺

 ベニバナボロギク属 Crassocephalum、またはサンシチソウ属 Gynura(土三七屬)。 
 ベニバナボロギク属 Crassocephalum は、アフリカ・マダガスカルに約30種がある。
 サンシチソウ属 Gynura(土三七屬)には、次のようなものがある。
   ビロードサンシチ G. aurantiaca(金黄三七草・紫鵝絨)
ジャワ原産
   スイゼンジナ
(ハルタマ) G. bicolor(紫背菜・紫背天葵・血皮菜・觀音莧)
       
 中国(南部)・臺灣原産。『中国本草図録』Ⅵ/2890
   ベニバナボロギク G. crepidioides(Crassocephalum crepidioides;野茼蒿)
   サンシチソウ G. japonica(G.segetum,G.pinnatifida;三七草・土三七・水三七・
       菊三七・紫鵝絨) 中国(陝西・湖北・安徽・浙江・四川・貴州・雲南)・臺灣・ベトナム・ネパールに分布。
       『中国本草図録』Ⅶ/3376・『中薬志Ⅰ』図/6。三七の正品はトチバニンジン
     ニイタカサンシチソウ var. flava
臺灣の深山に産 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 漢名を茼蒿というものは、シュンギク。なお、Erigeron bonariensis も、野茼蒿と呼ばれる。
 国共内乱の時、共産党軍が江西省の根拠地で野菜として食用にしたので、革命菜の名がある。
 熱帯アフリカ原産。
 1925年頃から東アジアに帰化。中国では、江西・湖南・兩廣・四川・雲南に自生。
『中国雑草原色図鑑』254。
 日本には、第二次大戦後、九州から広がった。 
 熱帯や中国・臺灣では、若葉を食用にする(シュンギクに似た香りがある)
 中国
(廣西)では、全草を假茼蒿・滿天飛と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index