しゅんぎく (春菊) 

学名  Chrysanthemum coronarium
日本名  シュンギク
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  キクナ(菊菜)、オタフク(お多福)、リュウキュウシュンギク(琉球春菊)、コウライキク(高麗菊)
漢名  歐茼蒿(オウトウコウ,outonghao) 
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  
英名  Crowndaisy chrysanthemum
学名  Chrysanthemum coronarium var. spatiosum
日本名  シュンギク
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  セリバシュンギク
漢名  茼蒿(トウコウ,tonghao) 
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  蒿子杆(コウシカン,haozigan)、春菊(シュンギク,chunju)
英名  Garland chrysanthemum
セリバシュンギク  2004/05/02  和光市午王山(ごぼやま)

 「葉が細く裂け、薄いものをセリバシュンギク、厚葉で、へら型できざみの浅いものをオタフクまたは琉球春菊 var. spatiosum という」(東大農園)
 もと Chrysanthemum は、広い意味でのキク属であった。
 今は、それを次のようないくつかの属に分けて考えることが多い。
   シュンギク属 Chrysanthemum (茼蒿屬)
   キク属 Dendranthema (菊屬)
   ミコシギク属 Leucanthemella (小白菊屬)
     ミコシギク
(ホソバノセイタカギク) L.linearis(Chrysanthemum lineare;小濱菊)
   フランスギク属 Leucanthemum (濱菊屬)
   ハマギク Nipponanthemum
   シロバナムシヨケギク属 Pyrethrum (小黄菊屬) 
 今日の属名 Chrysanthemum は、シュンギク属(茼蒿屬)の謂いである。
   ハナワギク C. carinatum 
北アフリカ原産 
   シュンギク C. coronarium(歐茼蒿)
『中国雑草原色図鑑』243
     セリバシュンギク var. spatiosum(茼蒿)
   モクシュンギク
(キダチカミルレ・マーガレット) C. frutescens(Argyranthemum frutescens)
       カナリア諸島原産、1699年ヨーロッパに入る。
       日本には江戸時代末期に入り、今日マーガレットの名で栽培・観賞する。
       
但し本来のマーガレットはフランズギク。『朝日百科 世界の植物』1-108 
   C. multicaule 
地中海地方原産、黄花 
   アラゲシュンギク C. segetum ヨーロッパ・北アフリカ・西アジア産 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』22(1806)茼蒿に、「シユンキク カウライギク ムジンサウ雲州 フダンギク勢州 キクナデシコ ルスン倶ニ同上 フダサウ肥後 ロウマ長州 ロウマギク防州 ツマジロ加州 サツマギク濃州 リウキウギク讃州 ヲランダギク阿州 ノビスマ伊州 シユンギク国 シンギク越前」、「」と。
 属名 Chrysanthemum は「金の花」、もともとシュンギクの形容。
 地中海地方原産、彼の地ではもっぱら花を観賞するために栽培され、八重化したハナゾノシュンギクがある。
 中国・日本では蔬菜として食用にし、日本に入ったのは17世紀以前。
 「倭俗かうらい菊とも云ふ。・・・苗の時ひたし物あへ物となして味よし。冬春たびたびにつくり用ゆべし。花も又見るにたへたり」(宮崎安貞『農業全書』1697)。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 春之部」に、「春菊 中末。 花形きくのごとく、ひとへにて、花中ハ金色、まわりしろし」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index