やまとりかぶと (山鳥兜)

 学名  Aconitum japonicum
 日本名  ヤマトリカブト
 科名(日本名)  キンポウゲ科
   日本語別名  
 漢名  日本烏頭(ニホンウトウ,ribenwutou)
 科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
   漢語別名  
 英名  

2010/08/26 長野県志賀高原

 Aconitum japonicum は、日本各地の山地に普通に見られるが地方的変異が大きく、亜種・変種の分類は難しいと言い、その分類には諸説がある。

 『日本の野生植物』に依れば以下の如し。
  オクトリカブト
 A. japonicum

    ヤマトリカブト var. montanum 中部・東北
    キタヤマブシ var. eizanense 
    ハコネトリカブト var. hakonense 中部・関東西部の太平洋側
    イブキトリカブト var. inukiense 近畿・中部の太平洋側・関東西部 

 YList によれば、以下の如し。
  A. japonicum 
    ヤマトリカブト ssp. japonicum
    イブキトリカブト ssp. ibukiense
    ツクバトリカブト ssp. maritimum
      イヤリトリカブト var. iyariense
    タンナトリカブト ssp. napiforme
    オクトリカブト ssp. subcuneatum 

 トリカブト属 Aconitum(烏頭屬)については、トリカブト属を見よ。 

  

 根茎にはアルカロイドを含み、毒性が極めて強い。 

 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index