わにぐちそう (鰐口草)

学名  Polygonatum involucratum
日本名  ワニグチソウ
科名(日本名)  ユリ科
  日本語別名  
漢名  小玉竹(ショウギョクチク,xiaoyuzhu)
科名(漢名)  百合(ヒャクゴウ,baihe)科
  漢語別名  二苞玉竹、二苞黄精
英名 (English Name)  
2008/05/04 野川公園自然観察園

 ナルコユリ属 Polygonatum(黄精屬)の植物については、ナルコユリ属を見よ。
 和名は、苞に包まれた花の形を、神社仏閣の正面の軒に繩とともに吊るされた鐘、鰐口になぞらえて。
 日本(北海道西南部・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北)・ウスリーに分布。『中国本草図録』Y/2939参照。
 中国では、根茎を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index