うばゆり (姥百合) 

学名  Cardiocrinum cordatum(Lilium cordatum)
日本名  ウバユリ
科名(日本名)  ユリ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2006/03/11 野川公園自然観察園
2006/04/15 神代植物公園 2007/06/02 同左 2007/06/28 同左


2007/07/26 同上
2008/07/21 神代植物公園
2005/10/15 野川公園自然観察園
2006/12/03 神代植物公園

 ウバユリ属 Cardiocrinum(大百合屬)には、3種がある。
   C. cathayanum (蕎麥葉大百合)
 中国産
   ウバユリ C. cordatum
      オオウバユリ var. glehnii(C. glehnii)
本州中部以北・北海道・南千島・樺太に分布
   ヒマラヤウバユリ C. giganteum (大百合
・心葉百合・大葉百合・山菠蘿根・蕎麥葉貝母・
          蕎麥葉大百合)中国・ヒマラヤ産。『週刊朝日百科 植物の世界』10-19
      var. yunnanensis (雲南心葉百合) 
 ユリ属 Lilium(百合屬)の植物については、ユリ属を見よ。
 ユリ科 Liliaceae(百合科)については、ユリ科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』9(1806)貝母の条に、蕎麦葉貝母は「俗名ガハユリ ヱイザンユリ テングユリ共ニ同上 バカユリ ミヅユリ ネズミユリ ゴボウユリ筑前 シカカクレユリ同上 ウバユリ阿州勢州 ヤマカブラ加州 カシハユリ江州 メギワ河州 メクワキ同上 ハユリ濃州若州 サルタヒコ ウバガユリ勢州 ヤマカブ越後 ギワヰ播州 ヤゝ備後 ヤマグワヰ勢州」と、また「花ヲ開クトキ葉 已に枯レテナシ。故ニ(「歯が無い」にかけて)ウバユリノ名アリ」と。
 日本の、本州(宮木・石川県以西)・四国・九州に分布。
 鱗茎から良質の澱粉を採るほか、嫩葉・鱗茎を食用にする。
 中国では、同属の大百合の根を薬用にする。
 日本では、『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「姥ゆり 末。花色青し。ほそ長ク横へむきてさく。葉ハ大きくして、花時分ハ落てなし」と。
 「又山林にしかかくれゆりと云ふ物あり。葉はいもの葉のごとく光ありてひろく長し。根は即ちつねのゆりのごとし。是又煮て食する事つねのゆりのごとし」(宮崎安貞『農業全書』1697)とあるものは、ウバユリか。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index