つるにがくさ (蔓苦草)

学名  Teucrium viscidum var. miquelianum
日本名  ツルニガクサ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  
漢名  血見愁(ケツケンシュウ,xuejianchou)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  山藿香(サンカクコウ,shanhuoxiang)、賊子草、假紫蘇、皺面草・皺面風、方枝苦草、四方枝苦草
英名  
2007/07/31 八王子市高尾山

 var. viscidum はコニガクサ、琉球から東南アジアに分布。
 漢名は、種に対するもの。
 ニガクサ属 Teucrium(石蠶屬)については、ニガクサを見よ。
 
 var. miquelianum は、日本・朝鮮・臺灣に分布。
 種としては、さらに中国(長江流域以南)・フィリピン・ビルマ・インドネシア・インドに分布。
 中国では、全草を山藿香と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index