つまとりそう (端取草)

 学名  Trientalis europaea
 和名  ツマトリソウ
 科名(和)  サクラソウ科
  別名(和)  
 漢名  七瓣蓮(シチベンレン,qibanlian)
 科名(漢)  報春花(ホウシュンカ,baochunhua)科
  別名(漢)  
 英名  European star flower


2017/07/08 長野県八ヶ岳(横岳)

 ツマトリソウ属 Trientalis(七葉蓮屬)には、次の二種がある。
     T. borealis
北アメリカ北部産
     ツマトリソウ T. europaea(七葉蓮・七瓣蓮;G.Siebenstern)
       コツマトリソウ var. arctica
         
ツマトリソ名は端取草か、葉の縁が少し赤いことから(武田久吉『民俗と植物』)。   

 サクラソウ科 Primulaceae(報春花科)については、サクラソウ科を見よ。 

 ツマトリソ名は端取草か、葉の縁が少し赤いことから(武田久吉『民俗と植物』)

 日本(北海道・本州・四国)・朝鮮・中国(東北の大小興安嶺及び長白山)・シベリアなど、広く北半球の亜寒帯に分布。

 

 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index