ときわいかりそう (常磐碇草) 

学名  Epimedium sempervirens
日本名  トキワイカリソウ
科名(日本名)  メギ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  小蘗(ショウハク,xiaobo)科
  漢語別名  
英名  
2006/03/26 薬用植物園

 次のような変種がある。
    トキワイカリソウ var. sempervirens 
白色花
    オオイカリソウ var. rugosum 
紅紫色花 
 イカリソウ属 Epimedium(淫羊藿屬)の植物については、イカリソウ属を見よ。
 和名は、常緑のイカリソウ。
 日本の、新潟県から島根県まで日本海側に分布。
 福井県を境に、北では白花が多く、西では赤花が多い。
 
オオイカリソウ var. rugosum
   2006/04/06 小石川植物園

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index