しろばなとううちそう (白花唐打草)

学名  Sanguisorba albiflora
日本名  シロバナトウウチソウ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名 (English Name)  
2008/07/18 北大植物園
    「Sanguisorba stipulata タカネトウウチソウ」と表示してあったが、シロバナトウウチソウか?
    ただし、上2枚と下3枚の写真では、株は異なる。

 ワレモコウ属 Sanguisorba(地楡屬)については、ワレモコウを見よ。
 トウウチソウの名について、牧野は「恐らく唐打と書き、中国から渡来した打紐の色感とこの種(ナンブトウウチソウ)の花序の印象が似ていたのであろうと思われる」という(『改訂増補牧野新日本植物図鑑』)
 日本の、東北地方の高山に分布。タカネトウウチソウとは、分布域が重ならない。
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index