おにどころ (鬼野老) 

学名  Dioscorea tokoro
日本名  オニドコロ
科名(日本名)  ヤマノイモ科
  日本語別名  トコロ(野老)、トコロヅル・トコロヅラ、ナガドコロ
漢名  山萆薢(サンヒカイ,shanbeixie)
科名(漢名)  薯蕷(ショヨ,shuyu)科
  漢語別名  粉萆薢(フンヒカイ,fenbeixie)、山草薢
英名  
2006/08/02 三芳町竹間沢
雄株
雌株

2005/08/11 薬用植物園

 ヤマノイモ属 Dioscorea(薯蕷屬)については、ヤマノイモ属を見よ。
 和名トコロの語源は、諸説があるが、不明。古くはトコロヅラといい、中古からトコロと呼ばれた。
 日本・中国(陝西・甘肅・山東・江蘇・浙江・江西・湖北・廣東・四川)に分布。
 根茎は肥厚して横に這い、しばしば曲り、多くの鬚根を出す。味は 苦い。
 むかごをつけない。
 根は、ふつう食わないが、日本では 昔は焼いたり茹でたりして食用にしたという(和名抄)
 中国では、塊茎を萆薢(ヒカイ,beixie)として薬用にする。
『新注校定国訳本草綱目』6/p.295。
 また、一部の地方で草薢として薬用にする。
(正式の草薢は、D.hypoglauca 及び D.officinalis の根茎)。 
 日本では、根茎のようすを、腰が曲り鬚の生えた老人に擬え、野老と書いて海産の海老と対照し、長寿の象徴として正月飾りに用いる。
 『古事記』に、日本武尊(やまとたけるのみこと)が三重の能煩野(のぼの)で死んだとき、
 是に倭(やまと)に坐(いま)す后(きさき)等及御子(みこ)等、諸々下り到りて、御陵(みささぎ)を作り、即ち其地(そこ)の那豆岐田(なづきだ)に匍匐(は)ひ廻(もとほ)りて、哭(なき)(ま)して歌曰(うた)ひたまひしく、
 なづきの田の 稲幹(いながら)に 稲幹に 匍(は)ひ廻ろふ 野老蔓(ところづら)
 『万葉集』に、

    皇祖神
(すめがみ)の 神の宮人 冬薯蕷葛(ところつら)
        いや常
(とこ)しくに 吾かへりみむ  (7/1133,読み人知らず)
   ・・・冬薯蕷葛 尋め行きければ・・・
(9/1809,高橋虫麿)
 トコロには、和名抄・新撰字鏡・名義抄に薢の字があてられており、「署蕷」は、和名抄にはヤマノイモ、名義抄にはヤマツイモの訓がある。しかし、音数のことを考慮に加えて、冬薯蕷をトコロと訓むことにする。(日本古典文学大系万葉集二1133補注)
 

   此山のかなしさ告よ野老堀 
(芭蕉,1644-1694)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index