おにばす (鬼蓮)

学名  Euryale ferox
日本名  オニバス
科名(日本名)  スイレン科
  日本語別名  
漢名  芡(ケン,qian)
科名(漢名)  睡蓮(スイレン,shuilian)科
  漢語別名  鷄頭(ケイトウ,jitou)・老鷄頭、芰(キ,ji)、■{艸冠に役}(エキ,yi4)、芡實、雁頭、雁啄
英名  

2008/07/21 神代植物公園

 オニバス属 Euryale(芡屬)は、1属1種。
 スイレン科 Nymphaeaceae(睡蓮科)については、スイレン科を見よ。
 漢名の芡は、『説文解字』に見える古い名。鷄頭は、その果実の形から。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)鷄頭に、「和名美都布々岐乃美」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)芡に、「和名三豆布々木」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)29に芡実、「ミヅブキノミ 苗名ミヅフゝキ和名鈔 ミヅブキ オニバス ゲドウ仙台 イバラバス丹波」と。
 日本(北海道・本州・四国・九州・南西諸島)・中国(南部)・臺灣・インドに分布。
 日本では、「以前はふつうにみられたが、最近、激減した」という
(『日本の野生植物』1982)
 中国では、種子を芡實・鷄頭米・鷄頭子と呼び、食用・薬用にし、酒を醸す。また、根・花莖・葉を薬用にする。全草を飼料・緑肥にする。『中薬志Ⅱ』pp.185-187 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index