おひしば (雄日芝) 

学名  Eleusine indica
日本名  オヒシバ 
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  チカラグサ、チカラシバ、ハトボトクイ、ホトクイ、ウカゼグサ、コッテグサ、シジチ、ホトコリ 
漢名  牛筋草(ギュウキンソウ,niujincao)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  蟋蟀草(シツシュツソウ,xishuaicao)、路邊草、鴨脚草、蹲倒驢、牛頓草、千人踏
英名  Goosegrass, Wire-grass, Yard-grass
2008/10/09 入間市宮寺
2005/08/19  野川公園

 オヒシバ属 Eleusine(穇屬)には、世界の熱帯乃至暖帯に数種がある。
   シコクビエ E. coracana(穇子)
   オヒシバ E. indica(牛筋草)
『中国雑草原色図鑑』297 
 芝については、シバを見よ。
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 和名雄日芝は、メヒシバ(雌日芝)に対して。
 漢名は、草としてきわめて強靭であることから。和名別名の力草・力芝も同。
 旧世界の熱帯原産、現在は広く世界中の熱帯から温帯に分布する、もっともポピュラーな雑草。
 熱帯では牧草とされ、中国でも牛羊の飼料とすることがある。
 インドでは、救荒食物とされた。
 中国では、全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index