めひしば (雌日芝) 

学名  Digitaria ciliaris (=D.adsendens)
日本名  メヒシバ 
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  メシバ、ジシバリ、ハタカリ、スモトリグサ、コウモリグサ、ソウメングサ、トンボグサ、チョウチングサ、カサグサ、マグサ、ヨメハングサ、ヨバイグサ
漢名  升馬唐(ショウバトウ,shengmatang)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  拌根草(ハンコンソウ,bangencao)
英名  Ascendent crabgrass
2007/06/28神代植物公園

2010/08/24 富山県薬用植物試験場


 メヒシバ属 Digitaria(馬唐屬)には、世界の熱帯を中心に約100種がある。
   D. adscendens(升馬唐)
   D. bicornis(二型馬唐)
   D. chinensis(華馬唐)
   D. chrysoblephara(毛馬唐)
『中国雑草原色図鑑』298
   メヒシバ D. ciliaris(D. adscendens;升馬唐)
『中国雑草原色図鑑』298。
   D. cruciata(十字馬唐)
   D. fibrosa(■
{糸偏に牽}維馬唐)
   ヘンリーメヒシバ D. henryi
   キタメヒシバ D. ischaemum(止血馬唐)
『中国雑草原色図鑑』299
   D. jubata(棒毛馬唐)
   D. longiflora(長花馬唐)
   D. microbachne(短穎馬唐)
   D. sanguinalis(馬唐)
 『中国本草図録』Y/2919・『中国雑草原色図鑑』299
   D. ternata(三數馬唐)
   コメヒシバ D. timorensis(D.radiocosa)
   アキメヒシバ D. violascens(紫馬唐) 
 芝については、シバを見よ。
 和名雌日芝は、オヒシバ(雄日芝)に対して。
 広く世界の熱帯から温帯に分布。
 日本では厄介な田畑の雑草だが、中国では優良な牧草として利用されるという。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index