みずばしょう (水芭蕉) 

学名  Lysichiton camtschatcense
日本名  ミズバショウ
科名(日本名)  サトイモ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2009/04/20 仙台市東北大学植物園
2008/05/08 箱根湿生花園

 ミズバショウ属 Lysichiton には、東アジアと北アメリカに各1種がある。
   アメリカミズバショウ L. americanum
『週刊朝日百科 植物の世界』11-69
   ミズバショウ L. camtschatcense 
 サトイモ科 Araceae(天南星科)については、サトイモ科を見よ。
 和名は、葉の形がバショウ(芭蕉)に似ることから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)海芋の条に、「ミヅバセウ 観音蓮和漢通名 クマサカ信州 ベコノシタ羽州」と。
 日本(本州北部・北海道)・樺太・千島・カムチャツカ・ウスリーに分布。
 尾瀬沼を歌った「夏の思い出」に、「夏が来れば思い出す・・・水芭蕉の花がさいている・・・」と歌われて、有名。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index