みやまきんぽうげ (深山金鳳花)

学名  Ranunculus acris var. nipponicum(R.acris ssp.novus)
日本名  ミヤマキンポウゲ
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/05/08 箱根湿生花園

2012/08/12 長野県 木曾駒ケ岳千畳敷カール (h. ca.2660m)

 この種は変異が大きく、多くの亜種・変種に分類する。
  ミヤマキンポウゲ
(広義) Ranunculus acris
    セイヨウキンポウゲ var. acris 
第二次世界大戦後北海道に帰化。
    ミヤマキンポウゲ
(狭義) var. nipponicus
      ケナシミヤマキンポウゲ subvar. glabrescens 
 キンポウゲ属 Ranunculus(毛茛屬)の植物については、キンポウゲ属を見よ。
 
 日本の、本州中北部・北海道に分布。
 種としては、広く北半球の温帯・寒帯に分布。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index