こきんばいざさ (小金梅笹)

学名  Hypoxis aurea
日本名  コキンバイザサ
科名(日本名)  キンバイザサ科
  日本語別名  
漢名  小金梅草(ショウキンバイソウ,xiaojinmeicao)
科名(漢名)  石蒜(セキサン,shisuan)科、または仙茅科
  漢語別名  
英名  
2008/05/08 箱根湿生花園


 キンバイザサ科 Hypoxidaceae(仙茅科)には、熱帯アジア・南半球に5属140種がある。
  キンバイザサ属 Curculigo(仙茅屬) 東アジア・南アジア・アフリカ・アメリカに数種乃至15種
    C. capitulata(大葉仙茅・野棕・假檳榔樹) マレーシア産
    C. gracilis(疏花仙茅)
    C. latifolia
    キンバイザサ C. orchioides(Hypoxis orchioides;仙茅・地棕・獨茅・山黨參・婆羅門參)
       
『中薬志T』pp.115-117。『週刊朝日百科 植物の世界』10-61
       
其の葉は茅に似て、久しく服すれば身を軽くす。故に仙茅と名づく(本草綱目)
  コキンバイザサ属 Hypoxis(小金梅草屬)
 東・南アジア・アフリカ・南アメリカに約80-100種
    コキンバイザサ H. aurea(H.minor;小金梅草)
  Molineria
    オオセンボウ M. capitulata
    ヒロハキンバイザサ M. latifolia(Curcugligo latifolia) マレーシア産
  Rhodohypoxis
南アフリカに6種
  Spiloxene
南アフリカに約30種

 この科の植物は、かつてヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)に含めたことがある。 
 婆羅門參の語は、李時珍『本草綱目』(ca.1596)仙茅の項に初見。初め西域の婆羅門が方を玄宗に献じたことから、とある。
 日本(宮城県以南)・朝鮮・中国(浙江南部・福建・江西・兩湖・兩廣・雲南)・臺灣・ベトナム・マレーシア・インドネシア・インドに分布。
 有毒植物。
 中国では、全株を野鷄草と呼び、薬用にする。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index