こがねばな (黄金花) 

学名  Scutellaria baicalensis
日本名  コガネバナ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  コガネヤナギ(黄金柳)、ヤマヒヒラギ
漢名  黄芩(コウキン,huangqin,おうごん)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  香水水草(コウスイスイソウ,xiangshuishuicao)、山茶根、黄芩茶、土金茶根
英名  
2007/04/19 薬用植物園
2007/08/13 同上
2007/10/08 同上

 タツナミソウ属 Scutellaria(黄芩屬)については、タツナミソウを見よ。
 和名は、根の切断面が鮮やかな黄色をしていることから。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)黄芩の釈名に、「芩は、『説文』は■{艸冠に金}に作る。其の色 黄なるを謂う。或は云う、〈芩は黔なり〉と。黔は、乃ち黄黑の色なり」と。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)黄芩に、「和名比々良岐、一名波比之波」と。このヒヒラキは、ヒイラギソウのつもりか。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』9
(1806)に、「ヤマヒゝラギ延喜式 コガネヤナギ種樹家 今ハ通名」と。
 朝鮮・中国(東北・河北・内蒙古・山西・陝西・甘肅・河南・山東・四川・雲南)・蒙古・東シベリアに分布。
 中国では、根を黄芩と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.448-450、『中草藥現代研究』Ⅲp.248、日本薬局方オウゴン。
 なお、地方により、次のものなど多くの同属植物を、黄芩として同様に用いる。
   S. amoena (西南黄芩・滇黄芩)
   S. ikonnikovii (薄葉黄芩)
   S. rehderiana (甘肅黄芩)
   S. viscidula (黄花黄芩・黏毛黄芩)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index