きつりふね (黄釣船) 

学名  Impatiens noli-tangere
日本名  キツリフネ
科名(日本名)  ツリフネソウ科
  日本語別名  ホラガイソウ
漢名  水金鳳(スイキンホウ,shuijinfeng)
科名(漢名)  鳳仙花(ホウセンカ,fengxianhua)科
  漢語別名  輝菜花(キサイカ,huicaihua)、水鳳仙
英名 (English Name)  Touch-me-not
2011/08/16 蓼科山

2005/08/02  野川公園自然観察園

 ツリフネソウ属 Impatiens(鳳仙花屬)については、ツリフネソウを見よ。
 学名の属名 impatiens は、「こらえ性のない、忍耐力のない」意。さく果が、手で触れると簡単に弾けることから。
 学名の種小名 noli-tangere は、死後三日目に復活したイエス・キリストが、マグダラのマリアの前に現れ、とりすがろうとする彼女に言ったことば「我にさわるな noli me tangere」(ヨハネ伝20/
17)に基づく。英名の Touch-me-not も同義。
 アイヌ名はイムキナ。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北・華北・華中・西北)をはじめ、シベリア・ヨーロッパ・北アメリカなど、広く北半球の温帯に分布。
 中国では、キツリフネ及び I.uliginosa(昆明水金鳳)の全草を、水金鳳と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index