きんみずひき (金水引) 

学名  Agrimonia pilosa var. japonica
日本名  キンミズヒキ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  シシヤキグサ、クソボコリ
漢名  龍牙草(リョウガソウ,longyacao)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  仙鶴草(センカクソウ,xianhecao)、脱力草、狼牙草、金頂龍牙、黄龍尾、毛脚茵
英名  Hairvein agrimony
2006/03/26 野川公園自然観察園
2007/08/07 田島が原
2008/08/29 群馬県嬬恋村
2008/10/09 入間市宮寺
2004/08/18 野草園
2005/11/07  田島が原

 キンミズヒキ属 Agrimonia(龍芽草屬)には、世界に18種がある。
   チョウセンミズヒキ A. coreana
   セイヨウキンミズヒキ A. eupatoria
   A. pilosa
     シベリアキンミズヒキ var. pilosa(疎毛龍芽草)
        
ヨーロッパ東部乃至中国に分布、ただし中国では稀。『中国雑草原色図鑑』89
     キンミズヒキ var. japonica(龍芽草)
 日本・中国に分布。
     var. viscidula(A.viscidula;鈍齒龍芽草・粘龍芽草)
         
中国では、華南に多い。『中国本草図録』Ⅷ/3626
     var. nepalensis(絨毛龍芽草・黄龍尾)
         
中国では、山東・湖北・雲南に分布。『中国本草図録』Ⅱ/0593 
   ヒメキンミズヒキ A. nipponica(A. pilosa var. nipponica) 
 バラ科 Rosaceae(薔薇科) バラ亜科 Rosoideae(薔薇亞科)については、バラ亜科を見よ。
 漢土では、オミナエシにも龍牙の名がある。
 なお、牙・芽は音通。
 キンミズヒキは、日本・朝鮮・中国・臺灣・南千島・樺太・ウスリー・インドシナに分布。
 基本種 var. pilosa は、東ヨーロッパ・シベリア・中国(北部)に分布。
 嫩葉は食用にする。
 中国では、A. pilosa
(のすべての変種)を仙鶴草又は龍牙草と呼び、その全草を薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.25-28
 日本では、キンミズヒキ var. japonicaの全草を 龍牙草
(りゅうげそう)と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index