かのこそう (鹿子草) 

学名  Valeriana fauriei
日本名  カノコソウ
科名(日本名)  オミナエシ科
  日本語別名  ハルオミナエシ、ケッソウ(纈草)
漢名  珍珠七(チチュウシチ,zhizhuqi)
科名(漢名)  敗牆(ハイショウ,baijiang)科
  漢語別名  馬蹄、七星、七里香、地花椒、拔地麻
英名  

2008/04/17 薬用植物園 2008/05/22 同左
2005/05/22 薬用植物園

2007/06/07 同上

 カノコソウ属 Valeriana(纈草屬)には、次のようなものがある。
   V. amurensis(黑水纈草)
 『中国本草図録』Ⅵ/2858
   V. daphniflora(瑞香纈草)
   V. delavayi(全葉纈草)
   カノコソウ
(ハルオミナエシ) V. fauriei(蜘蛛七・珍珠七・地花椒)
   V. fedtschenkoi(新疆纈草)
   ツルカノコソウ V. flaccidissima(柔垂纈草・岩邊香・蔓甘松)
   V. hardwickii(長序纈草・岩邊香・豆鼓草・蛇頭細辛)
   V. jatamansi(V.wallichii;心葉纈草・蜘蛛香・馬蹄香・土細辛)
        
 『中国本草図録』Ⅳ/1872
   V. minutiflora(小花纈草)
   セイヨウカノコソウ V. officinalis(纈草・歐纈草・穿心排草;E.Valerian)
        
 『中国本草図録』Ⅳ/1873
     var. latifolia(寛葉纈草)
   V. stenoptera(窄裂纈草)
   V. tangutica(西北纈草・小纈草・香草仔・唐古特纈草・香毛草・小香草)
   V. trichostoma(矮纈草) 
 オミナエシ科 Valerianaceae(敗醬科)については、オミナエシ科を見よ。
 和名カノコソウは、花序に紅白混じりあい、鹿子絞(かのこしぼり)に似て見えることから。それを漢字で纈草(けつそう)と書いた。
 したがって、漢名で同属植物を纈草(xiecao)と呼ぶのは、和名の導入と言う。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)に、「春ノヲミナメシ 一名カノコサウ キヌマキ サクラガハグサ」と。
 属名 Valerianus は、同名のローマ皇帝ウァレリアーヌス(253-260)に捧げられたもの。
 日本・朝鮮・中国(湖北)・サハリンに分布。
 中国では、根・全草を薬用にする。また、同属植物のいくつかを、纈草の名で薬用にする。
 ヨーロッパでは、セイヨウカノコソウの根(ワレリアナ根 Valeriana rhizoma)を、昔から薬草として、鎮静薬などさまざまに用いる。イギリスでは魔除の草とされたという。
 日本では、カノコソウの根にワレリアナ根と同じ薬効があるものと考え、これを纈草根
(後には吉草根と書いた)と呼ぶ。鎮静薬としてはワレリアナ根より纈草根のほうが有効と言い、日本薬局方に載る。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index