いわがねそう (岩根草) 

学名  Coniogramme japonica
日本名  イワガネソウ
科名(日本名)  ホウライシダ科
  日本語別名  
漢名  鳳丫蕨・鳳椏蕨(ホウアケツ,fengyajue)
科名(漢名)  鳳尾蕨(ホウビケツ,fengweijue)科
  漢語別名  日本鳳丫蕨(ニホン-,riben-)
英名  Bamboo fern
2007/04/12
  明治薬科大学薬草園

2007/05/03 薬用植物園
2007/06/06 京都府立植物園
2006/11/26 薬用植物園

 イワガネゼンマイ属 Coniogramme については、イワガネゼンマイ属を見よ。
 和名は、好んで生える場所から。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』17(1806)有名未用に、「蛇眼草 カナビキサウ イハガネサウ オホシダ江州」と。但し、蛇眼草はイワガネソウではない、と(牧野)
 日本(北海道南端・本州・四国・九州・沖縄本島)・朝鮮(南部)・中国(長江流域以南)・臺灣・インドシナに分布。
 中国では、根状の茎及び全草を鳳丫草と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index