いのこずち (猪子槌) 

学名  Achyranthes japonica (A. bidentata var. japonica)
日本名  イノコズチ
科名(日本名)  ヒユ科
  日本語別名  ヒカゲイノコズチ、フシダカ、コマノヒザ、ドロボウグサ
漢名  牛膝(ギュウシツ,niuxi,ごしつ)
科名(漢名)  莧(カン,xian)科
  漢語別名  對節草
英名  Twotooth achyranthes
2007/09/04 入間市宮寺


 イノコズチ属 Achyranthes(牛膝屬)には、次のようなものがある。
   A. aspera(土牛膝・倒扣草)
        
中国(福建・華南・西南)・ベトナム・フィリピン・マレーシア・インドに分布。
        根を土牛膝・全草を倒扣草と呼び薬用にする。
        『中国本草図録』Ⅹ/4576・『中国雑草原色図鑑』44
     ケイノコズチ var. aspera(var.indica, A.obtusifolia;鈍頭牛膝)
     ムラサキイノコズチ var. rubrofusca(A.rubrofusca, A.daitoinsularis;
        褐葉土牛膝・紅褐粗毛牛膝・紫莖牛膝・雲牛膝)
 臺灣産
   A. bidentata
     モンバイノコズチ var. bidentata(A.ryukyuensis, A.mollicula;牛膝・懷牛膝)
        『中国本草図録』Ⅰ/0041・『中国雑草原色図鑑』45
     イノコズチ
(ヒカゲイノコズチ) var. japonica(A. japonica, A.fauriei var.japonica;
        尖葉牛膝・少葉牛膝)
     ハチジョウイノコズチ var. hachijoensis(A.japonica var.hachijoensis)
     ヒナタイノコズチ var. fauriei(var.tomentosa, A. fauriei;和牛膝)
       マルバイノコズチ f. rotundifolia
   A. capitata (川牛膝)
   ヤナギイノコズチ A. longifolia(A.bidentata var.longifolia;
        柳葉牛膝・狹葉紅牛膝・山牛膝) 『中国本草図録』Ⅹ/4577
   ナンテンイノコズチ A. ogatai(南天牛膝) 臺灣産 
 ヒユ科 Amaranthaceae(莧科)については、ヒユ科を見よ。
 和名は、茎の太い節を猪子の膝頭に喩えたもの。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)牛膝に、「和名為乃久都知、一名都奈岐久佐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)牛膝に、「和名為乃久豆知」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)に、「牛膝 フシダカ
延喜式 イノコヅチ同上、古今通名 イノクヅチ和名鈔 エノコヅチ讃州 エノコロヅチ同上 トリツキムシ テツポウグサ尾州 コマノヒザ古名 コマノヒザグサ水戸 ヌスビトグサ備前 イトロベ同上 ヤマヌスビト勢州 モノグルヒ筑前」と。
 漢名は、茎に節が有って牛の膝に似ることから。
 A. bidintata は、種としては 広く日本・朝鮮・中国・ロシア・ベトナム・フィリピン・マレーシア・インド・アフリカに分布する。
 中国では、A. bidintata(牛膝)は全国に分布し、幾つかの省では大量に栽培し、河南に産する懐牛膝が最も良質という。
 日本では、モンバイノコズチ A. bidintata は琉球に自生。
 イノコズチ var. japonica は、本州・四国・九州の低地に分布。
 嫩葉は蔬菜として用いる。
 日本では、モンバイノコズチ及びヒナタイノコズチの根を乾して牛膝
(ごしつ)と呼び、薬用にする(日本薬局方)
 中国では、モンバイノコズチ及び同科の Cyathula capitata(川牛膝,
四川・雲南・西藏に分布)の根を牛膝と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.82-87 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index