ひよどりじょうご (鵯上戸) 

学名  Solanum lyratum(S. dulcanara var. lyratum;S. dulcamara var. pubescens;S. dulcanara var. chinensis)
日本名  ヒヨドリジョウゴ
科名(日本名)  なす科
  日本語別名  ホロシ
漢名  白英(ハクエイ,baiying)
科名(漢名)  茄(カ,qie)科
  漢語別名  白毛藤(ハクモウトウ,baimaoteng)、白草、山甜菜(サンテンサイ,shantiancai)、蔓茄(マンカ,manqie)、北鳳藤(ホクホウトウ,beifengteng)、鬼目(キモク,guimu)
英名  Bittersweet
2007/07/26 野川公園自然観察園 (栽培)

2005/11/05  清瀬市下宿

2006/11/01  新座市大和田
2008/01/10 神代植物公園

 ナス属 Solanum(茄屬)については、ナスを見よ。
 和名は、赤く熟した果実をヒヨドリが好んで食べることから。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)白莫に、「和名保呂之、一名都久美乃以比禰」と。源順『倭名類聚抄』(ca.934)白英に、「和名保魯之、一云豆久美乃伊比禰」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12
(1806)に、「蜀羊泉 ホロシ古名 ヒヨドリジヤウゴ ツタサンゴジユ仙台 ツルサンゴジユ同上備前 ツルサンゴ チヤボノホウヅキ筑後 ウルシケシ 烏葛和方書」と、また14下に「白英 マルバノホロシ マルバノヒヨドリジヤウゴ ウマノナンバン北国 イヌノナンバン同上 ノナンバン越後 ノゴシヤウ同上 ツルトウガラシ大坂」と。マルバノホロシは S. maximowiczii。
 種小名 lyratum は、「竪琴(リラ)状の」。葉の下部が深く裂けた形から。
 日本・朝鮮・中国(陝西・河南・山東・長江以南)・インドシナに分布。
 全草・根を 白英・白毛藤と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index