はまひるがお (浜昼顔)

学名  Calystegia soldanella
日本名  ハマヒルガオ
科名(日本名)  ヒルガオ科
  日本語別名  
漢名  腎葉打碗花(ジンヨウダワンカ,shenye dawanhua)
科名(漢名)  旋花(センカ,xuanhua)科
  漢語別名  腎葉天劒(ジンヨウテンケン,shenye tianjian)、濱旋花、馬鞍藤
英名  
2008/05/15 館山市平砂浦

 ヒルガオ属 Calystegia(打碗花屬)の植物は、ヒルガオを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14(1806)旋花の条に、「一種海浜及江湖辺沙地ニ生スルヲハマヒルガホト云、一名カツポウバナ アメフリバナ ハマチバナ ガウヅル越前 ヘビアサガホ相州 アフヒカヅラ花戸」と。
 日本・ユーラシア・オセアニア・オーストラリア・アメリカ太平洋岸に分布。
 海岸・湖岸の砂地に生える。
 中国では、根を孝扇草根(コウセンソウコン,xiaoshancaogen)と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index