ぼたんづる (牡丹蔓)

学名  Clematis apiifolia
日本名  ボタンヅル
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  
漢名  女萎(ジョイ,nüwei)
科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
  漢語別名  小葉鴨脚力剛、銀匙藤
英名  
2008/07/10 入間市宮寺
2009/08/13 同上
2012/08/10 長野県 茅野市北山

2012/08/28 長野県 茅野市北山

2008/09/11 入間市宮寺

 変種に、次のようなものがある。
   コボタンヅル var. biternata 
ボタンヅルの葉は1回3出複葉、コボタンヅルは2回3出複葉。
   var. obtusidentata(鈍齒鐵綫蓮・川木通) 
 センニンソウ属 Clematis(鐵綫蓮屬)の植物については、センニンソウ属を見よ。
 和名にボタンというのは、葉の形から。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)女萎に、「和名恵美久佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14下(1806)女萎に、「ボタンヅル ワクヅル シンデンカヅラ
丹州 ワクノテ仙台 ナベカラマリ同上 スクモカヅラ伯州 チヤカヅラ石州 ドンドロ勢州」と。
 日本(本州・四国・九州)・朝鮮・中国(安徽・浙江・福建・臺灣)に分布。
 中国では、茎を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index