べにばなやましゃくやく (紅花山芍薬)

学名  Paeonia obovata
日本名  ベニバナヤマシャクヤク
科名(日本名)  ボタン科
  日本語別名  
漢名  草芍藥(ソウシャクヤク,caoshaoyao)
科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
  漢語別名  山芍藥(サンシャクヤク,shanshaoyao)、野芍藥、土白芍、卵葉芍藥、赤芍、參幌子
英名  
2008/06/14 六甲高山植物園

 ボタン属 Paeonia(芍藥屬)は、木本性のボタン類と 草本性のシャクヤク類に分ける。ボタン属を見よ。
 
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北・河北・山西・陝西・河南・安徽・江西北部・湖南北部・四川・貴州)・樺太・シベリアに分布。
 埼玉県では絶滅危惧ⅠA類(CR)。
 『日本の野生植物』によれば花の色は淡紅色。
 『中国高等植物図鑑』によれば花の色は白、『中薬志Ⅰ』
p.238によれば花の色は淡緑色或は淡い紅色。
 中国では、根を赤芍と呼び 薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.238-242。シャクヤクを見よ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index