せんきゅう (川芎) 中国の

学名  Ligusticum wallichii (L. chuanxiong)
日本名  
科名(日本名)  
  日本語別名  
漢名  川芎(センキュウ,chuanxiong)
科名(漢名)  傘形(サンケイ,sanxing)科
  漢語別名  芎藭(キュウキュウ,xiong1qiong2)、小葉川芎(ショウヨウセンキュウ,xiaoye chuanxiong)
英名  
 『中国本草図録』Ⅶ/3252参照。

 諸書の記述をかんがみるに、中国で薬用に用いる川芎と、日本で栽培するセンキュウとは、別種であるらしい。和のセンキュウの辨を見よ。
 マルバトウキ属 Ligusticum(藳本屬)については、マルバトウキを見よ。
 漢名川芎は、四川産の芎藭の意。
 芎藭は、「或は曰く、〈人頭、穹窿 高きを窮む。天の象なり。此の薬 上行して、専ら頭脳の諸疾を治す。故に芎藭の名 有り〉」と
(李時珍『本草綱目』)
 芎の古音はqiong1、今はxiong1と読む。
 芎は、「もと■
{艸冠に宮}に作る。名義、未詳」と(李時珍『本草綱目』)
 川芎 Ligusticum wallichii は、中国(四川・雲南・貴州)・インド・ネパールに分布。中国では、北部・西南で薬用に栽培しており、主産地は四川。
 センキュウ Cnidium officinale は、日本では 本州の高原・北海道などで栽培。中国では、吉林省延辺地区で栽培し、川芎と同様に薬用にする(『全国中草薬匯編』)
 中国では、太い塊根を川芎・芎藭と呼び、苗・葉を蘼蕪(ビブ,miwu)と呼び、それぞれ薬用にする。
 なお、兩湖・江西産の茶芎(撫芎)・四川金佛産の川芎・貴州産の川芎は、コウホン L. sinense(藁本)。
 『楚辞』「離騒」に、「江離(センキュウ)と辟芷(へきし、白芷。シシウドの仲間)とを扈(こうむ)り、秋蘭(フジバカマ)を紉(つな)いで以て佩(はい)と為す」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index